NWOJFX  メタルキッズがFXの世界に挑戦!目指せ、相場道免許皆伝!
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
目先の10pips
早く上がれません。

しかも月末月初にGWが重なって職場では全くチャートを開く余裕がありません;_;


って訳で5月最初のトレードも午後9時前に帰宅したところから。

ポン/円、5分15分

20100501.jpg


チャート外ですが、
1時間は切りあがり、短期MACDはゼロラインで反発。
中期MACDは水平気味で若干上向き。
4時間はレンジっぽい形でしたが、MAを上抜けて上昇の余地アリ。

まずは右から1時間がダイバーを起こし、底値を切り上げ。
このとき15分もダイバー。

次に左の5分足に目をやると、リバーサル発生。

ここまで来ると上げかな、5分と15分のミドルを抜いてエントリー♪


って、入りたかったです。はい、帰宅の途に着いた所くらいですね;_;


帰宅後、チャートを見ると押し目からリバーサルが産まれる所でした。

赤いラインで跳ねて、コマ足が青に変わった所で買い。


本日高値、あわよくば144.200位までは伸びるかな~と思ってエントリーしました。

本日高値付近で値動きが渋りだし、ストもRSIも苦しそうだったので決済。

当初の予定までは届かなかったけど、20pips程抜けたし、まぁ納得のトレード♪

と、思っていました。この時点では・・・。


その後、当初の目標地点を越えると、あっさりと駆け上がっていきましたね( ̄▽ ̄;)!!ガーン

4時間に上昇の余地があり、1時間がバンドウォーク。

5分15分が多少キツそうだろうが、伸びるんですね。

コレが上位足に引っ張られるって事なんでしょう。

決済は早すぎましたね。



以前から1時間とかの長めの時間のチャートを見ていて、

「コレが5分の形ならもっていられるのに」

って感じることがしばしばありました。

今回もそうですが。


なのに現実は持ってない。決済してしまう。


なぜか。


一つは高すぎるレバレッジが、

本来は待つべき下落でさえも心理的、金銭的に許してくれない。


もう一つは、1時間のチャートを5分として見た時の決済理由です。

決済は反転の兆し、1分足やティックのダイバーや切り上げ(下げ)であるべきです。

つまり、1分の値動きに左右されるのではなく、

5分の反転を示すテクニカルの形で決済することになります。


ところが、実際はじっとチャートを見続けることによって、

短い足数本の値動きに心理が支配されてきてしまいます。


基準の時間軸が長くなれば長くなるほど、

値動きの幅も大きくなりこの傾向が強まります。


結果、反転の兆しではなくせっかく上昇した分を損したくないとの理由で決済してしまう。



長い時間足の方向に流れに乗って、理屈を持ってトレードしているはずなのに、

コレではタイトなスキャルをしているのとなんら代わりがありません。



目先の10pipsではなくて、理屈によって決済を考える。

それでも損が嫌なら、15pips程利が乗ったら思い切って建値にストップを変更してみる。


こういう工夫も考えていく必要がありそうです。



課題に対する対処法が見えてきたので、

実戦で使えるようにブラッシュアップしていきたいと思います♪




参加してみました♪暖かい応援、ありがとうございます(_ _)

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


~お知らせ~

少し前から紹介させていただいてる友人のWeb漫画ですが、
作者のプロ転向に伴い、打ち切りという運びになりました。

いい所で終わるのは残念ですが、長年の目標が叶った事を素直に喜びたいと思います^^
また、再編集版ということで、今度は第一話から商業誌クオリティですw


自分ともども、今後とも暖かく見守ってやってくだされば幸いです(_ _)
スポンサーサイト
2010'05'03(Mon)23:07 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://maiden0120.blog112.fc2.com/tb.php/82-33d9bd09
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。